アルバイトの仕事の種類について

飲食店のアルバイトは経験をしておくと、いろいろな面で役に立ちます。

アルバイトの仕事の種類について

飲食店のアルバイトでは慣れるまでメモを取ることです

飲食店のアルバイトは経験をしておくと、いろいろな面で役に立ちます。広い視野でものを見ることができますから、気がきくようになりますし、仲間との連携などもアイコンタクトでできるようになるので、相手の表情で何を求めているのかわかるようになります。そして、ビールの注ぎ方が上手になるというメリットもあります。ホールスタッフの仕事は、覚えることがたくさんあります。注文を受ける時には、お客さんから注文を受けるたびに、繰り返すことを忘れないようにすることです。そして、仮に注文が聞き取れなかったら、勝手に思い込まないですぐに聞き直すことが肝心です。慣れないうちは、すべての注文を聞いたあと、ひと通り復唱したほうが、間違いが無いので失敗をしない方法になります。

最近はポスシステムと呼ぼれる端末を使って注文をしますので、新人のうちにはボタンの位置を把握するのは難しいです。そのために、注文をすべてメモに取り、後から余裕を持ってポスシステムに入力したほうが、間違いなく注文を取ることができます。少しずつ使えるようになってくると、もう慣れたものでいつでも注文が取れるようになります。メモを取るということは癖にしておくことで、社会人となっても為になります。