アルバイトの仕事の種類について

飲食店でアルバイトをするには、決まっている流れを覚えることから始めます。

アルバイトの仕事の種類について

ホールスタッフのアルバイトの流れ

飲食店でアルバイトをするには、決まっている流れを覚えることから始めます。ホールスタッフは、お客様を席に案内したり、注文を取ったりして食事を運ぶことがメインの仕事になりますので、男性よりも女性が受け持つことが多くなります。まずお客様が来ると、席に案内しますが、人数の確認をすることが最初になります。人数の確認でもしっかりと聞いておかなくては、後から合流する人たちもいますので、人数確認は席を作るために重要なポイントになります。そして、お店によっては、煙草の喫煙か禁煙席を選ぶことができるので、そういった細かい情報も得ることが大切です。そして、席が空いているのを確認して、お客様を案内しますが席によっては狭く感じることがあるので、要望を聞いておくことです。

席に着いたら今度はメニューを見せて、ドリンクのオーダーを取ります。ドリンクオーダーを最初に取ることは、飲食店では基本中の基本なので、そのまま席を離れないようにすることです。しかし、お店が込んでいる時にはケースバイケースの動きをすることが大事なので、働いているスタッフとの連携をすることも忘れないようにします。何よりも順序良くというよりも、フリーで動けるように考えて仕事をすることです。